->
営業時間:9:00-18:00(土日祝除く)

予約の取れないファイナンシャル・プランナー

公式LINEに登録はコチラ

超簡単!誰でもわかるバランスシート講座

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ファイナンシャル・プランナー/世界最大手、スイスのプライベートバンク勤務時代には、金融資産2億円以上の日本を代表する経営者、開業医、事業法人の資産管理を担当。現在は、一般の方から経営者、開業医などの富裕層まで、幅広い顧客にマネー教育に特化したファイナンシャル・プランニング業務を提供している。
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは。ファイナンシャル・プランナーの渡邊です。今日は、社会人として最低限知っておくべき財務諸表について書いていきます。そして、財務諸表の中でも最も簡単なバランスシートについて、ここだけは押さえるべきポイントをお教えします。投資をしている人であれば、当然ですが、バランスシートは読めなければいけません。最近では、若くして不動産投資をしている人も増えているようです。投資家もそうでない人も、バランスシートが理解できるだけで家計の資産形成に役立ちます。なかなかお金が貯まらない人は、あるポイントを意識するだけで、お金が貯まる体質に変わります!是非一緒に考えていきましょう。

バランスシートとは

バランスシート(貸借対照表)という言葉を聞いたことがありますか?バランスシートとは、企業などの財政状態を資産・負債・純資産に分けて見ることができる会社の健康診断書のようなものです。どのような資産を持っていて、その資産をどうやって調達したのかを表しています。会社経営をしている人は、決算報告書を作成する必要があります。決算報告書にはバランスシート(貸借対照表)、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の3つを財務三表として税務署に提出します。社会人としての最低限の目標は、財務三表の中でも最も簡単なバランスシートが読めるようになるということです。家計のバランスシートを作成すれば、あなたの家計の健康診断もできるのです。お金がなかなか貯まらないという人は、家計版のバランスシートを作成してみることをお薦めします。それでは、資産・負債・純資産の3つの項目がありますが、最も重要な項目はどれでしょうか?

資産・負債・純資産

バランスシートは、資産・負債・純資産の3つの項目からできています。左側には持っている資産が並び、右側には資産をどうやって手に入れたのかが並びます。左右の項目の金額がぴったり一致するため、バランスシートと呼ばれているのです。資産=負債+純資産という式で表されます。もう少し詳しく各項目を見ていきましょう。

資産

会社が持っているお金

負債

返済をしなければならないお金

純資産

返済の必要がないお金

この3つの項目の中で、最も重要な項目はどれでしょうか?バランスシートの中で最も重要な項目は純資産です。なぜなら、純資産こそが、会社が自由に使うことができる本当のお金だからです。純資産=資産−負債で求めることが出来ます。いかにして純資産を増やすかということを考えれば、あなたはお金が貯められる体質へと変わります!

クレジットスコアとは

クレジットスコアという言葉を聞いたことがありますか?クレジットスコアとは、あなたの信用力を示す信用偏差値のようなものです。クレジットカードの審査が通らなかったり、住宅ローンの貸し出しを断られた経験がある人は、クレジットスコアが低かったのが原因かもしれません。クレジットスコアが低くなる要因としては、複数枚のクレジットカードを保有したり、ローンの残高やカードの支払い遅延などがあげられます。私はプライベートバンク在籍時に、金融商品を担保にした投資用のローンを出していましたが、実は、融資の時に銀行員が最も重視するのも資産ではなく純資産なのです。

ローン審査も純資産

銀行で住宅ローンや事業用のローンを借りようとした場合、3期分の決算書の提出が求められます。あなたの収入や支出の状況、資産・負債・純資産の状況などをチェックするためです。実は、ローンの金利は借り手の信用能力によって異なるのです。クレジットスコアの高い人には安い金利で、クレジットスコアの低い人には高い金利で融資をするのです。お金を融資する銀行の立場で考えれば、貸したお金は必ず返してもらわないと困ります。その為、あなたの信用力によって貸出金利を変えているのです。アメリカでは、借り手の信用をはかる3Cと言われる基準があります。

  • Character(返済意思)…返済する気はあるか?
  • Capacity(返済能力)…返済するお金はあるのか?
  • Collateral(担保)…返済できなかった場合の担保はあるのか?

不用意に借金を重ねてしまうと、クレジットスコアが低くなり、本当にお金が必要な時にどこからも融資を受けられなくなってしまいます。常に、純資産を増やすための行動を取りましょう。

本当の資産家とは

家計のバランスシートを見れば、本当の資産家なのかニセモノの資産家なのかがすぐに分かります。本当の資産家とは、純資産の残高が多い人のことです。私たちは、表面的に会社や人を判断してしまいがちです。立派な自社ビルに高級社用車がズラリと並んでいれば優良会社、大豪邸に高級車を複数台所有していればセレブというように…しかし、本当にそうでしょうか?人や会社は表面だけでは分かりません。しっかりと中身を見る必要があるのです。資産だけでは何も分かりません。資産と負債をセットで考えて、純資産を増やすことが大切なのです。今日学んだことを考えて、ケーススタディに答えてみてください。

ケーススタディ

50代男性の会社経営者で妻と子供3人と大豪邸で暮らしています。所有車はフェラーリ・ランボルギーニ・レクサス、高級時計も好きでロレックスなどを所有しています。この男性は、本当の資産家でしょうか?

参考条件

資産:預貯金が1億円、大豪邸が5億円、所有車が1億円、高級時計が500万円

負債:住宅ローンが4億円、その他借金が3億円

このブログを最初からしっかり読んだ人であれば、答えは分かりますよね。正解は、ニセモノの資産家です。このケーススタディの場合、純資産額はいくらでしょうか?純資産=資産−負債で計算できましたよね。この男性の資産は7億500万円あり、負債は7億円です。純資産は500万円です。一見、すごいセレブのように見えても、実はごくごく普通の一般人というケースは多々あります。借金をして買った住宅や車は誰のものでしょうか?借金をして買ったものは、借金を返済し終わるまではあなたのものではありません。借金残高が残っている場合は、借金で買ったものは銀行のものです。それを証拠に、ローンの返済が滞った場合、銀行は担保にとったあなたの住宅を売却して、貸したお金を回収します。バランスシートをしっかりと理解できていれば「かぼちゃの馬車」で大問題となったスルガ銀行による不正融資問題などは回避できたはずです。ちなみに、借金をして不動産を購入しても、物件価格が上がらない限り、不動産投資は成功しません。詳しくは、また近々のブログに書きますのでご期待ください。このように、正しいマネー教育を学べば、お金の使い方も身に付くのです。いくら資産を増やしても、使い方を間違えていては純資産は増えません。これからの時代、自分のお金は自分で守る必要があるのです。このブログを読んで「家計の見直しや資産形成に関して相談したい」と思った方は、是非、お気軽に連絡を下さい。全国どこでも対応いたします。遠方のお客様は、zoomというアプリを利用して、お互いのパソコンの画面を見ながらコンサルを行います。マネージュでは、中立的なファイナンシャル・プランナーとして、マネー教育に特化したコンサルティングを実施しています。少しでも興味を持って頂けた方は、公式LINEへの登録と、セミナー、コンサルにお申し込み下さい。あなたのお役に立てるように、全力でサポートさせて頂きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ファイナンシャル・プランナー/世界最大手、スイスのプライベートバンク勤務時代には、金融資産2億円以上の日本を代表する経営者、開業医、事業法人の資産管理を担当。現在は、一般の方から経営者、開業医などの富裕層まで、幅広い顧客にマネー教育に特化したファイナンシャル・プランニング業務を提供している。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マネージュ , 2019 All Rights Reserved.