->
営業時間:9:00-18:00(土日祝除く)

予約の取れないファイナンシャル・プランナー

公式LINEに登録はコチラ

ガソリン価格が高騰!生活への影響と今後の展望

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ファイナンシャル・プランナー/世界最大手、スイスのプライベートバンク勤務時代には、金融資産2億円以上の日本を代表する経営者、開業医、事業法人の資産管理を担当。現在は、一般の方から経営者、開業医などの富裕層まで、幅広い顧客にマネー教育に特化したファイナンシャル・プランニング業務を提供している。
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは。ファイナンシャル・プランナーの渡邊です。今日は、3年11ヶ月ぶりの高値を付けたガソリン価格に関して、原油価格高騰の理由と今後の展望、そして、私たちの生活への影響などを書いていきます。エネルギー価格の高騰は、生活に直接影響しますので、なぜ今この様な価格高騰がおこっているのかをしっかり把握しておきましょう。

原油価格が高騰

車を運転する人であれば、ニュースを見ていなくても、ガソリン価格の値上がりを実感していると思います。なんと3年11ヶ月ぶりの高値が付くほど、ガソリン価格が高騰しています。その原因は、米国と中東の駆け引きにあります。11月4日から、米国が各国に対してイランから原油を輸入するなという経済制裁を発動する為です。なぜ米国は、中東との駆け引きをしているのでしょうか?それは、政治的な要因があるからです。

世界一の原油大国は・・・

世界一の原油大国と聞いて、どの国を思い浮かべますか?多くの人は、中東のどこかの国かな?予想します。現在、世界一の原油大国はアメリカです。エネルギーの技術革新が進み、シェールガスやシェールオイルという新しいエネルギーが出てきました。地中2000mくらい深い所に、泥が固まってできた頁岩(けつがん)があります。その頁岩から、原油が採れるのです。その為、中東諸国をおさえてアメリカが世界一の原油大国となったのです。2017年の世界の原油生産量ランキングを見てみましょう。

  1. アメリカ(19%)
  2. サウジアラビア(19%)
  3. ロシア(18%)
  4. カナダ(8%)
  5. イラン(8%)
  6. イラク(7%)
  7. 中国(6%)
  8. アラブ首長国連邦(6%)
  9. クウェート(5%)
  10. ブラジル(5%)

経済発展には資源が必要

世界一の原油大国になったアメリカが、なぜ、イランから原油の輸入を禁止するという経済制裁を発動したのでしょうか?それは、世界経済が発展するためには、エネルギー資源が必須だからです。各国のトップリーダー達は、自国に有利な条件で相手国と貿易交渉を行いたいと考えます。エネルギーの権益を確保し、経済的に優位に立ちたいのです。想像して見てください。経済が成長する為には、新しいビルやマンション、商業施設などを建設します。その時に必要なクレーン車やブルドーザーなどの建設機械、工作機械は原油が必要です。工場で作業をするのにも、エネルギーは必要です。世界経済が成長する為には、必ずエネルギー資源が必要なのです。

中東諸国の狙い

中東諸国の狙いは、アメリカにエネルギー政策で勝つことです。世界一のエネルギー大国の座を、アメリカから再び奪回したいのです。その為には、中東諸国が一致団結して、アメリカに対抗するしかありません。では、どうすれば良いのでしょうか?それは、シェールガスやシェールオイルではなく、従来の油田から原油を採る方法に戻せば良いのです。シェールガスやシェールオイルは、掘り起こすのにかなりコストがかかります。その為、原油価格が一定水準を上回らないと、赤字になって倒産してしまうのです。

原油価格の値動き

原油価格は、どのように動くのでしょうか?基本的に原油だけではなく、物の値段が動く理由は簡単です。需要(買いたい人)と供給(売りたい人)のバランスで、物の値段は決まります。買いたい人が多ければ値段は上がり、売りたい人が多ければ値段は下がるのです。中東諸国は、油田から採れる原油の量を増やしたり(増産)減らしたり(減産)することによって、原油価格をコントロールしているのです。このようにして、原油価格は世界の景気をみながら、上がったり下がったりを繰り返しています。アメリカのイランに対する経済制裁発動により、しばらくは高値で推移するでしょう。しかし、中長期で考えると、シェールオイルやシェールガスなどの技術革新や、原油に代わる新たなエネルギー源の発掘などにより、徐々に安くなると予想されます。

生活への影響

では、原油価格が上がると、私たちの生活にどのような影響があるのでしょうか?まず、単純にガソリン価格が上がりますね。1年前のレギュラーガソリンの値段は、約130円くらいでした。現在は、約160円です。20%以上も値上がりしているのです。更には、電気代やガス代も値上がりします。石油からつくるポリエチレン価格も上昇する為、プラスチック製品やポリ袋なども値上がりします。つまり、石油を使ってできる製品は値上がりし、エネルギーコストも上がる為、光熱費なども値上がりします。エネルギーの価格変動は、私たちの生活に直接影響するのです。物の値段は、毎日変動しています。しかし、あなたが銀行に預けてあるお金は全く増えません。物価が上がれば、あなたの預金は実質的に減っているのです。もしも「ガソリン価格が20%も上がっているので、給料も20%アップしてあげますよ」という良心的な企業にお勤めのあなたは安心です。しかし、通常の企業は、物価が上がったからといって、月給も上げてはくれないはずです。だからこそ、本当は、全ての人に資産運用のスキルは必須なのです。自分の生活は自分で守るしかないのです。マネージュでは、中立的なファイナンシャル・プランナーとして、マネー教育に特化したコンサルティングを実施しています。少しでも興味を持って頂けた方は、LINE@への登録と、セミナー、コンサルにお申し込み下さい。少しでもあなたのお役に立てるように、全力でサポートさせて頂きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ファイナンシャル・プランナー/世界最大手、スイスのプライベートバンク勤務時代には、金融資産2億円以上の日本を代表する経営者、開業医、事業法人の資産管理を担当。現在は、一般の方から経営者、開業医などの富裕層まで、幅広い顧客にマネー教育に特化したファイナンシャル・プランニング業務を提供している。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マネージュ , 2018 All Rights Reserved.